トイプードルにとってのブラッシングとは

トイプードルがブラッシングしてもらってるところ

トイプードルは抜け毛が少なく、体臭も少ない飼いやすい犬種です。ただし、シングルコートで毛がもつれやすく、毛玉ができやすい犬種なのでお手入れは欠かせません。
ブラッシングをすることによって、汚れ、抜け毛を落とし、いつも清潔にすることが出来ますし、飼い主とのコミュニケーションもとれます。
ワンちゃんからみたブラッシングとは、本来 飼い主と触れ合うことのできる楽しい時間です。しかし、無理に引っ張ったりしていたい思いをさせると、次からはブラシを見ただけで逃げ出してしまいます。
抜け毛やもつれなどは、軽くブラッシングするだけでとれますから、犬は全然痛くありません。
しかし、ブラッシングせずにそのまま放置すると、もつれや毛玉になります。
毛玉が原因で、そこに菌が付着し、やがて皮膚病にかかってしまうこともあります。
また、毛玉が出来ると皮膚が引っ張られるのでワンちゃんにとっても不快です。それが原因でストレスが溜まってしまうこともあります。

毎日のブラッシングは汚れや抜け毛を落とすだけではなくて、愛犬とのスキンシップにもなり、どこを触っても怒らず、どこを触っても噛まず、ブラッシングをしている間、気持ちよく寝てくれるようにもなれますので、そんなブラッシングを日課に出来るようになることが理想です。お散歩の後など、タイミングを決めてやれると良いですね。

お手入れ用品にについて

スリッカーブラシ、コーム、ブラッシングスプレーなどがあります。

スリッカーブラシ

トイプードルのブラッシングにおいてスリッカーブラシは必須アイテムです。
抜け毛、毛玉を取り除けます。
スリッカーブラシにはピンの硬いハードタイプと柔らかいソフトタイプがあり、もつれや毛玉がある場合はハードタイプを使用して、まずは毛玉を摂ってあげましょう。

スリッカーでのブラッシング方法

スリッカー

コーム

スリッカーブラシでのお手入れが終わり、仕上げにコームを使って毛並みを整えていきます。
コームには、大、中、小のサイズがあり、また、ピンの間隔が粗目のものと細目のものがあります。
また、ピンのサイズにも長短があるので、うまく使い分けるのがコツです。

コームでのブラッシング方法

コーム

ブラッシングスプレー

ブラッシング前にブラッシングスプレーをしてあげると、摩擦に対する痛みが軽減されます。また、ブラッシングの時だけでなく、シャンプー後ドライヤーをかける前にスプレーしてあげると、毛を熱から守ってくれます。
ブラッシングスプレーは、毛のもつれを解消し、静電気を防止し、櫛どおりの良い、柔らかな光沢のある、ふんわりとした被毛を維持することができる優れもので、必須アイテムです!

また、ブラッシングスプレー、グルーミングスプレー等 呼び名があります。
いろいろなメーカーから商品が出ており、香りやフンワリ度もさまざまなので、ワンちゃんと飼い主さんのお好みでチョイスすると良いですね。

ブラッシングスプレー